脂肪肝に良い食事を3つご紹介します。 1.ささみバーグ 2.イカの炒め物 3.野菜のミルク(粉ミルクには、全粉乳、脱脂粉乳、調整粉乳、乳児用調製粉乳、妊産婦・授乳婦用粉乳などがあります)煮 こういった食事が脂肪肝に良さそうですね。 まず、1のささみバーグですが、鶏のささみを使うので、低脂肪で高タンパクな食事になります。 ささみをミンチにして、豆腐や炒めた玉ねぎ、パン粉、牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)、塩コショウをその上、よく混ぜてください。 よく混ざったら、食べやすいおおきさに丸めて、少量の油を引いたフライパンで焼きます。 続いて、2のイカの炒め物です。 烏賊も低脂肪で高タンパクな食材ですので、脂肪肝の方にはオススメでしょうね。 その烏賊をぶつ切りにして、みじん切りにしたにんにくとともに炒めます。 味付けに、塩コショウを加えて完成ですが、スパイシーな味付けが良いのであれば、これにカレー粉を加えてください。 終りに、3の野菜のミルク(日本の乳児用の粉ミルクは、牛乳をより母乳に近づけるような加工をした上で、ビタミンやカルシウム、母乳オリゴ糖、タウリンなどの赤ちゃんに必要な栄養素を加えています)煮ですが、おうちに存在している色んな野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)を加えて作ることができます。 野菜には、ビタミンやミネラル(食事で摂るのが理想ですが、サプリメントを利用するのもいいでしょう)などの栄養素が豊富に含まれていますよね。 コンソメスープの中に野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を入れ、牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊してしまうケースもあります)と塩こしょうをその上、軽く煮てください。 野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)のミルク煮は、これだけで完成してしまいますから、手軽に作れます。 脂肪肝になると、脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)をあまり摂れないので、こういったヘルシーな食事を食べるようにしてください。 また、食べ過ぎもよくありませんから、しっかりと噛んで食べるようにすることも大切ですー